おすすめ記事:

コミュニケーションのコツ

介護業界の救世主?外国人介護士について徹底解説

外国人介護士に言葉が上手く伝わらず支障が出ることも

介護業界の救世主?外国人介護士について徹底解説

問題は「言葉の壁」

外国人介護士とのコミュニケーションで問題となるのが「言葉」です。介護の仕事は対人サービスでもあるので、日本語が話せるだけでなく、介護記録なども書く必要があり、読み書きができないと仕事になりません。そのため、外国人介護士には一定の日本語能力が求められます。外国人介護士を指導する際には、まず相手の日本語能力を正確に把握し、わかりやすく伝えることを心がけましょう。ただし、差別的と受けとられる表現や言葉もあるので注意が必要です。

今知っておきたい情報はこれ